技術課通信

(………あれ?)
中継機器のスタンバイが完了し、音声チェックで異常に気付いた。
…音声が出ていない。
おかしい…中継車から現場までのケーブルは繋がっている。
バッテリーも接続している。
距離だって問題ない。周りに障害物もない…。
何故だ…一体何故音声が出ない。
一人頭を悩ませているとインカムから声。
「Hさーん、音声出てないでしょ?」
えっ!?と思い現場に走る。
満面の笑みで迎える中継スタッフのS氏。
「マイク受信機の電源入れてなかったですよ。」
なんという初歩的ミス。
受信機の電源を入れ、再度音声を確認してみる。
…問題なく音声が届いた。
中継という業務を続け早1年半。この人に何度助けられたことだろう。
中継で何度も心が折れそうになった。でもその度に励ましやアドバイスをしてくれた。
これからも彼に助けてもらうことがあるだろう。その度に感謝する。
最高の中継スタッフS。
彼とならこれからも切磋琢磨に中継をしていけるだろう。
(中継班 K・H)

« 前へ | 次へ »

業務課通信

7月某日、放送業務課+契約社員室の暑気払いの集まりがありました。
(カンパ〜イの一枚! 写真左)
仕事中の表情とは違い、この日ばかりは和やかに飲んで、食べて、騒いで… といった感じで、仕事のことは忘れ楽しい時間(とき)と、社員間の親睦の場となりました。
梅雨明けが待ち遠しいこの時期、暑い夏を乗り切るために生気を養った感じです。

夏といえば、今年は24時間テレビと総選挙が重なり、こちらも熱〜い一日となりそうです。 24時間要員と選挙要員に別れての対応となります。
当日、24時間組は募金受付とメイン(?)の中テレグッズの販売、選挙組は開票特番に対応する為、終日張り付き勤務。
選挙の結果次第では、翌日の特番?対応の方が大変です。

また、今月は暑中スポットCMや24時間テレビスポットCMの搬入で忙しさを増します。

完全デジタル化移行まで2年を切りました。
ローカル番組(深夜のVTR番組)においては、アナログ・レターボックス放送に
『アナログ放送の終了告知』スーパーの挿入が始まりました。
徐々にアナログ放送のレターボックス化が増えていく予定です。
この夏も、若さ?とチームワークで放送事故ゼロを目指します。
(記 S・S)

« 前へ | 次へ »

研修リポート [番組制作技術研修に参加して Y・K]


NHK研修センターの設備

研修の様子

7月29日〜31日 NHK研修センター(東京都世田谷)で開催。
研修では、スタジオまたは取材等で使う映像機器や照明機器、音声機器の扱い方やその中身まで実習も兼ねて学んできました。
三日間の研修の中で初日のほとんどは座学を学び、照明ではなぜ照明機器が必要なのか、どうして当てないといけないのか、そして音声ではマイクの種類や指向性、映像ではカメラレンズの仕組みや本体の構造など、基本的な事を勉強しました。
二日目、三日目は実習がほとんどで、座学で学んだことを説明も兼ねてより具体的に扱い方を学び、最後は少数の班に分かれてテーマを元に実際に作品を作りました。
研修ではスタジオの照明卓や映像機材の設定など、普段触る機会が少ない物を触ることが出来たのですが、実際に座学で学んだやり方ではうまくいかない事もあり、いろいろな状況に合わせて調整や設定など、やはり経験を多く積まないと出来ないと思いました。

« 前へ | 戻る »