技術課通信 1日で2度おいしい?

差し入れの弁当を味わってから約3時間後…。
「……ABSさんお願いします!」
「……RABさんお願いします!」
日テレからの専用電話が鳴り響く。毎年24時間テレビラストを飾るサライリレー。
スイッチングする手にも緊張が伝わってくる。
「……STVさんお願いします!」
STV(札幌テレビ)が終わったあとに問題無くFCT本社前の映像をスイッチングし、無事オンエアされた。
良かった、良かったとほっと一息…する間も無く
「FCTさん2区太田のバンザイをください」と
サライリレーが終わってすぐ、専用電話によって日テレがFCT報道と連絡をとりあう。
次は総選挙の対応となり、マスター回しによるFCTから日テレへの素材送りが行われた。
かなり忙しくなることを想定していたのだが、大物議員落選の素材が優先されたせいか、あまり素材を送ることはなかった。
しかし日テレへ送られていく候補者の万歳や敗者の弁の映像を見ていると、歴史的な局面に自分がいて、それを「伝える」ということに微力ながら関わっているんだと実感できた。
帰り際に食べた差し入れのサンドイッチの味とともにこの貴重な経験を忘れないようにしたい。
(記 T・A)

« 前へ | 次へ »

業務課通信 期末期首編成真っ只中!!

この時期(10月)TVCMが一気にガラッと様変わり、沢山の素材が入ってきます。
朝一に担当のデスクに積みあがった素材は毎年のことながら驚きます!
(ファイリング担当の技術課の皆さんならわかっていただけるかと思いますが…)
それにともなってスケジュール表の処理などもかなり増えてきます。
枠内編集においては、レギュラーの仕事に加え、新規の提供スポンサーのチェック、提供ロゴの確認・作成など関連部署をせわしなく行ったり来たりがこの時期の私の行動パターンです。
秋の新発売のCMに気を取られてミスなどしないように…
あ!ちなみにこれは私のことです(笑)
新型インフルエンザの集団感染数が毎週倍になってきているようです。お互いに出来る限りの予防をして仕事に支障がでないように十分気をつけましょう。
(記 T・K)

« 前へ | 次へ »

管理部通信 事業推進部の24時間テレビ

24時間テレビ担当Sさんの忙しさを横目に本番までのカウントダウンを毎年しています。
今年は福島会場。ステージイベントへたくさんの人が来てくれればと願った二日間。初日は天気もよく、夜のライブでは照明にムシがたくさん集まり、出演者の口の中へ…といったちょっと怖いシーンもありましたが、無事成功。
翌日は、雨が降ったり止んだり。それでもお客さまは来てくださいます。ステージイベントも後半。会場は土砂降りの雨。お客さんもまばらです。
しかし、ゲストのことを思って、参加団体のみなさんやステージ終了のゲスト、もちろん残ってくれたお客さんみんなで会場を盛り上げてくれました。
なんだかアットホームな24時間テレビ福島会場最終日でした。そこに参加できたことがとてもいい思い出となりました。
(記 F・I)

夏を締めくくるにふさわしい大イベント「24時間テレビ」が8月29日・30日,無事32回目の幕を閉じました。
私の当日までの主な仕事は、チャリティーグッズの受発注や学生ボランティアの管理でした。
3年目ということで、ある程度スムーズに進んではいたのです…が!!!!
ケアレスミスが多いワタクシ…「やっちまった」を何度発したことか。そんな状況でも支えて下さったのが、I先輩はじめ事業部の皆さんでした。
改めて自分の恵まれた環境に感謝です。(ソナーポケットのサインも貰えたし…)
三年間、24時間テレビに少しでも携れたこと、これからの人生を「スタート」するうえで「一歩を踏み出す」大きな自信となりました。
(記 K・S)

« 前へ | 戻る »